Åke Holm (1900-1980)

スウェーデンの陶芸家でアーティスト。彼はHöganäsbolagetでの職を経て、自身の工房を1928年に開設しました。当初は不況を切り抜けるために土産物を作っていましたが、次第に芸術的な聖書の人物像や磁器の動物フィギュアを制作し始めました。彼の作品は1950年代から60年代にかけて聖書のモチーフが主流となり、そのスタイルは抽象的で洗練されたものに進化しました。世界的な名声は高まっていきましたが、彼は故郷Höganäsに留まることを選び、その作品の多くは地元Höganäs museumに寄贈されました。

Åke Holmの全作品へ

北欧の食器

カテゴリーから選ぶ

当店について

デザイナーやシリーズで選ぶ

Contact